芳香蒸留器ハ―ビックでちょっと贅沢な下駄箱、靴の消臭スプレーを制作 三重県津市のアロマテラピーサロン ニケ(nike)

芳香蒸留器 ハ―ビック
三重県津市の田中園芸さんと四日市萬古焼窯元武正製陶さんとの共同開発により誕生した蒸留器 らんびきのような形をしたハ―ビックは、何とも言えない趣が有ります。


ハ―ビックを使用する前 シミ、カビの付着を防ぎ、においが付きにくくする為お水に片栗粉を溶かし1時間ほど煮詰め冷ましそのまま置いておく作業が有ります(一晩置きました)。

蒸留水は、通常10~15分かけて出始めますが 火力が強かったのか8分程で出始めました。
水500mlレモンティートリー約30gで最終蒸留水量は120mlを得る事ができました。
レモンティートリーウォーターの香りは、爽やかなレモンの香り部屋中良い香りが漂いました♥♥♥
芳香蒸留水は、出来あがった直ぐよりも冷暗所、冷蔵庫などに暫く置いてから使った方が香りが落ち着き良い香りになりますが レモンティートリーウォーターは、すぐ使ってもいいくらいの爽やかなかおりでした。レモンティートリーウォーターは、抗菌、抗真菌、抗ウイルス作用が期待出来ます。
白癬菌(水虫)の繫殖を抑制したり、カンジタ菌の菌糸形発育の阻害、抗炎症作用も有るので、お肌の痒みや炎症を和らげたりしてくれます。
今回は、レモンティートリーウォーターに抗菌、抗真菌、抗ウイルスに期待できる精油3種レモングラス、ペパーミント、薄荷を入れ ちょっと贅沢な下駄箱、靴の消臭スプレーを作りました。

10か月程前ティートリーの苗木を田中園芸さんで購入しました。
ティートリーは、オーストラリア島海岸の沼沢地帯に自生するので 田中園芸さんから育てるポイントは、沢山の水を与えて下さいとの事でした 家の庭の事情で地植えが出来ないので苗木を大きな鉢に入れ替えて育てていましたが 今ではもっと大きいサイズの鉢を用意しなければいけないほど 大きく成長!!!
枝を切る事の出来る時期は、5月、6月頃だと教えて頂きました。
来年その枝の葉を使って蒸留水を作るのが楽しみなので毎日お水やりをしています(笑)